不動産売却の税金

個人が土地や建物などを売却して、売却益が出た時は譲渡所得として、所得税や住民税が課税されます。
これは、給与所得や、事業所得など他の所得とは分離して課税されます。

譲渡所得は、土地や建物などの所有期間の長さが5年を超えるかどうかによって税率が異なります。所有期間の判定は、土地建物の取得日の翌日から、譲渡した年の1月1日までの所有期間です。

所得税の税率
5年を超えるもの・・・20%(所得税と住民税の合計)
5年以下のもの・・・・39%(所得税と住民税の合計)

譲渡所得の計算
課税譲渡所得=譲渡対価 -(取得費+譲渡費用)- 特別控除額
マイホームの場合など、最高5000万円までの各種の控除があります。

|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|