不動産売却 仲介業者

不動産を売却するには、仲介業者にお願いすることになりますが、仲介業と言っても、賃貸の仲介が得意なところと、売買の仲介が得意なところがあります。

売買が得意なところにしましょう。

コマーシャルも大々的にやっている大手業者と、地元密着の古い不動産さんがありますが、どちらにもお願いしておくのがいいように思います。一つだけの専属契約ということもできますが、専属にしてしまうと、他のチャンスを逃すような気もするし、といって、専属にしないであちらこちらに声をかけておいても、あんまり真剣に力を入れてくれないおそれもあります。

とりあえず業界の情報サイトのレインズに乗せておいて、問い合わせが入るのを待つ、みたいな感じです。

自分で売却先を見つけた場合も、後のトラブルを避けるために、仲介業者を通したほうがいいように思います。契約書など、作ってもらいます。

仲介業者は、営業努力もなしに、売手と買手の両方から手数料が取れることになって大喜びです。ここは、交渉して負けてもらいましょう。

|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|